香りでケア

アロマセラピー

更年期アロマセラピー

アロマセラピーは、エッセンシャルオイル(精油)を用いて、その香りを楽しんだり、リラックスしたり、さらに病気の治療や症状の緩和などのための補完・代替医療の1つです。

更年期障害は、エストロゲンの分泌低下によって、女性ホルモンのバランスが崩れることよると言われています。このため、アロマセラピーでは、更年期障害に対して、エストロゲン様作用を持つエッセンシャルオイルを用いると良いようです。

クラリセージには、酢酸リナリル、リナロール、スクラレオールなどが含まれており、これらの成分には女性ホルモン様作用があります。

下の図のような、性ホルモン様作用をもっているエッセンシャルオイルは上手に利用することで更年期障害に伴うさまざまな不定愁訴に対して効果を発揮するといわれています。

更年期障害に対するアロマセラピーの方法

ページTOPへ