不安感

不安感について

【症状の概要】

更年期の症状としてよく表れる症状のひとつに、不安感があげられます。

特別な理由も無く暗い気持ちになったり、以前は興味があったものに関心が無くなったり、

不安で落ち着きが無いといった症状が出現します。

  • 心がざわついて落ち着かない
  • 自分の将来が不安になる
  • 言葉では言い表せない不安感や孤独感を感じることがある
  • 人生このままでよいのかと落ち込んでしまう

なぜ症状が起こるのか

女性ホルモンは、脳の視床下部からの指令により卵巣から分泌されますが、卵巣の機能が衰えると、脳が「ホルモンを出せ」と指令を出しても分泌されず、視床下部・下垂体の機能に変調を来します。

視床下部はさまざまなホルモンの分泌や、精神活動なども司る自律神経のコントロールセンンターなので、この変調が律神経症状をはじめ精神神経症状などを引き起こします。

また、この時期独自の女性の心理特性や環境的な要因も大きいと考えられています。

更年期は、自身の子供の就職や自立、また結婚などにより、いわゆる「母親」としての役目が終わる時期と重なり、ある種の喪失感として受け止められる場合も少なくありません。

夫の定年により経済状態の変化も起こり、同時に先送りしていた夫婦関係の問題にも直面します。これまで妻、母親あるいは職業人としての社会的役割を持ち、健康で体力のあった体も、社会的役割が希薄になり健康に自信がなくなっていきます。

親の介護や親しい友人の病気や死を経験し、自身の人生についても考える機会が多くなります。更年期は喪失体験を伴う事象が数多く出現する時期であり、大きなストレスがいくつも重なる時期です。その意味で抑うつや不安をきたしやすい時期と言えるのです。

簡単にできる対処法

更年期の精神症状に対しては、ウォーキングやヨガなどの有酸素運動や、アロマセラピーなどによる心のリラクゼーションが有効であるという報告があります。

また、女性ホルモンの低下による健康障害を、サプリメントや健康食品で補う方法もあります。

しかし、日常生活に支障をきたすほど症状がひどい場合は、その他の不安障害に該当する場合もあるので、更年期だからと我慢せず、専門の医師に相談してみましょう。

監修:野崎ウイメンズクリニック
野崎雅裕先生

更年期を乗り越えるために

生活習慣の見直しから、医療機関まで様々な対策があります

食生活でケア

まずは食生活を見直すことから始めてみましょう

詳しく見る

運動でケア

運動習慣を改善することで症状の体感が変わることもあります

詳しく見る

サプリメント・市販の医薬品でケア

普段の食事で補えない更年期に必要な成分をサプリメントで摂る方法があります

詳しく見る

医療機関でケア

HRT(ホルモン補充療法)漢方薬、抗不安剤など医療機関の受診や医薬品での解決方法もあります

詳しく見る

PICK UP

減少していく女性ホルモン(エストロゲン)と似た動きをする「エクオール」をご存知ですか?

大豆イソフラボンが腸内細菌と出会うことで体内で生まれる「エクオール」1日10mgの摂取で更年期症状に対して高い有用性があると言われています。

詳しく見る

  • 女性の健康応援キャンペーン クイズの正解者から抽選で合計1500名様にエクオール検査キット「ソイチェック」などプレゼント
  • 更年期とは?
  • 更年期の症状
  • 更年期の対策
  • エクオールについて
  • 更年期に関する調査
  • セミナーのご案内
  • 更年期セルフチェック
  • 更年期お役立ちニュース
  • 更年期のご相談
  • 専門医のご相談
  • お問い合わせ

ページTOPへ