寝汗(発汗)
の原因・症状と対策方法

寝汗(発汗)症状ついて

【症状の概要】

寝汗(発汗)も「ホットフラッシュ」同様、血管運動神経症状の1つで、更年期の代表的な症状です。
ホットフラッシュは実際には昼間だけではなく、夜間も同じように起こるため、睡眠時にほてりや発汗が起こります。
就寝中に起こった場合、何度も目覚めてしまい、ひどい場合は睡眠障害となるおそれもあります。
他の病気の可能性もありますので、あまりにひどい場合は受診をお勧めします。

  • 寒いのに寝汗をかく
  • 朝目覚めると、寝間着やシーツが濡れている
  • 寝汗がひどくてよく眠れない
  • 夜中に暑くて目が覚める

寝汗(発汗)起こる原因

ホットフラッシュ同様、エストロゲンの減少によって、血管の収縮や拡張をコントロールしている自律神経が乱れ、体温調整ができなくなることによって起こります。
また、他の症状と同様、環境やストレスにより、症状がひどくなる場合もあります。

簡単できる対処法

就寝前に、リラックス

就寝前にはリラックスを心がけましょう。
音楽やアロマオイルも有用です。
適度な運動もストレス発散によいでしょう。
寝汗そのものの対策としては、吸収性の良いタオルやベッドパッドを敷くのも良いでしょう。

監修:
野崎ウイメンズ
クリニック
野崎 雅裕 先生

その症状、更年期かもしれませんよ?

女性ホルモン似た働きする
「エクオール」

減少していく女性ホルモン(エストロゲン)と似た動きをする「エクオール」をご存知ですか?

エクオールの効果はこちら

更年期症状にあてはまる不調には、別の病気が潜んでいる場合もあります。 気になる症状があれば、婦人科を含めた医療機関への受診をお勧めします。 かかりつけ婦人医・薬剤師をつくり、日常のふとした不調も気軽に相談しましょう。