エクオールが作れない人ほど更年期症状は重い

エクオールの量と症状の関係

更年期症状重い人エクオール排出量少なかった

更年期症状が重い人と軽い人の尿中に排出された成分の量から更年期症状とエクオールの関係性がわかりました。

これまで、大豆イソフラボンの更年期症状に対する効果を検討する試験はいくつも行われてきました。しかし、一貫した結果は得られず、これがなぜなのかという事が検討されてきました。

そこで、更年期症状の程度の軽い女性と重い女性の尿中に排出されたダイゼインとゲニステイン(大豆イソフラボンの一種)の量を調べたところ、相関はありませんでしたが、ダイゼインの代謝物質である「エクオール」量が尿中に少ない人は更年期症状が重いという結果が得られました。

調査内容

女性108人を対象に2日間の食事調査を行い、食事調査の最終日に24時間尿を蓄積し、尿中のダイゼイン、ゲニステイン、エクオール量を計測。同時に、更年期症状についてアンケートを行いスコア化した。すると、更年期症状の重い人と軽い人では、尿中のダイゼインとゲニステインの量に大きな差は見られなかったが、症状の重い人のエクオール量は明らかに低かった。

(出典:日本更年期医学会雑誌 15 :28-37,2007)

ダイゼインとゲニステインの2つの大豆イソフラボンの尿中排出量には差が見られなかったことから、更年期症状の軽減には大豆イソフラボンではなく、その代謝物のエクオールが大きくかかわっていることがわかりました。

ページTOPへ