性交痛
の原因・症状と対策方法

性交痛症状ついて

【症状の概要】

膣の粘膜が弱くなって分泌物が減少するので、性交時に痛みを感じたり、出血を起こすことがあります。
女性のQOLを激しく低下させたり性生活に支障を来すことがありますので、更年期の重要な症状のひとつに位置付けられます。

  • 外陰、あるいは挿入時に痛みを感じる
  • 膣内にうるおいが無くなった気がする

性交痛起こる原因

更年期には、膣の機能低下により血流が低下し、膣の乾燥や感染が起こりやすくなることが分かっています。

性交痛は更年期により女性ホルモンの分泌が減少し、膣の部分の潤滑液などが十分に出ないなどの理由で生じます。
心理的な原因も加わり原因は多岐にわたります。

我慢して性交を続けることで傷口から感染したり、さらに心理的要因から潤滑液不足の現象が起き、痛みが増すなどの悪循環に陥ることがあります。

簡単できる対処法

パートナーにも理解を

パートナーに状況をよく説明し協力してもらうようにすることも大切です。
潤滑ゼリーなども多種発売されていますので専門家に相談してみましょう。
治療法として膣症状の改善にHRT(ホルモン補充療法)が選択される場合もあります。
また、性交時に膣の奥の方で痛みを感じる時は骨盤臓器内に炎症など別の病気の可能性が考えられるので専門医への相談をおすすめします。

監修:
野崎ウイメンズ
クリニック
野崎 雅裕 先生

その症状、更年期かもしれませんよ?

女性ホルモン似た働きする
「エクオール」

減少していく女性ホルモン(エストロゲン)と似た動きをする「エクオール」をご存知ですか?

エクオールの効果はこちら

更年期症状にあてはまる不調には、別の病気が潜んでいる場合もあります。 気になる症状があれば、婦人科を含めた医療機関への受診をお勧めします。 かかりつけ婦人医・薬剤師をつくり、日常のふとした不調も気軽に相談しましょう。