頭痛

頭痛について

【症状の概要】

更年期症状と関連する頭痛として代表的なものには

  1. ① 片頭痛
  2. ② 緊張型頭痛

の2種類があげられます。

1片頭痛
頭の片側が痛む
脈を打つようにズキンズキンと痛む
日常的な動作により悪化が認められる
発作中に悪心・吐き気・おう吐を伴う場合もある
光に過敏になったり、音に過敏になる
視覚症状(きらきらした光・点・線が見えたり、視野が一部欠ける)や感覚症状(チクチク感や感覚鈍麻)の予兆が現れることがある
2緊張型頭痛
頭全体が締め付けられるように痛む
脈を打つような痛みではない
日常の動作で悪化するようなことはない
発作中の悪心・嘔吐などが無い

などの特徴がみられます。

1片頭痛

  • 頭の片側だけ、ガンガンと激しく脈を打つように痛い
  • 体を動かすとひどくなり寝込んでしまう

2緊張型頭痛

  • 長時間同じ姿勢でいたら頭がギューッと痛くなってきた
  • 肩こりと一緒に頭も痛くなってきたが寝込むほどではない

なぜ症状が起こるのか

1片頭痛

男性よりも女性に多く、特定のアルコール・カフェインの摂取、睡眠不足と並んで、エストロゲンの減少が明らかな誘因の1つと考えられています。月経に伴う片頭痛も月経時・黄体期のエストロゲンの低下で説明されています。

片頭痛はエストロゲンの「ゆらぎ」が激しい閉経前に悪化し、エストロゲンの変動が抑まる閉経後には軽快します。

月経に関連する頭痛症状のある方は、閉経前に片頭痛が悪化するリスクが高いと言えます。

2緊張型頭痛

疲労や長時間同じ姿勢でいることによる血流の低下が原因とされ、男性よりも女性に多く見られます。

閉経後に症状が変わらない、または悪化したと訴える女性が多いですが、エストロゲンの影響については未だ不明な点も多いです。

簡単にできる対処法

偏頭痛と緊張型頭痛で対処が違います

  1. ① 軽度の片頭痛の場合、まずはアルコールやカフェインの摂取を控え、暗くて静かな場所で安静にし痛みの感じる部分を冷やしてあげましょう。
  2. ② 軽度の緊張型頭痛の場合は、長時間の同じ姿勢であれば姿勢を変えたり血行をよくするためのストレッチがおすすめです。片頭痛と違い冷やすのではなく体を温めるようにしましょう。

症状がひどい場合は薬局で頭痛薬や漢方薬などを購入することもできますが、医師に相談し、それぞれの症状に合った薬を処方してもらいましょう。

監修:野崎ウイメンズクリニック
野崎雅裕先生

更年期を乗り越えるために

生活習慣の見直しから、医療機関まで様々な対策があります

食生活でケア

まずは食生活を見直すことから始めてみましょう

詳しく見る

運動でケア

運動習慣を改善することで症状の体感が変わることもあります

詳しく見る

サプリメント・市販の医薬品でケア

普段の食事で補えない更年期に必要な成分をサプリメントで摂る方法があります

詳しく見る

医療機関でケア

HRT(ホルモン補充療法)漢方薬、抗不安剤など医療機関の受診や医薬品での解決方法もあります

詳しく見る

PICK UP

減少していく女性ホルモン(エストロゲン)と似た動きをする「エクオール」をご存知ですか?

大豆イソフラボンが腸内細菌と出会うことで体内で生まれる「エクオール」1日10mgの摂取で更年期症状に対して高い有用性があると言われています。

詳しく見る

  • 女性の健康応援キャンペーン クイズの正解者から抽選で合計1500名様にエクオール検査キット「ソイチェック」などプレゼント
  • 更年期とは?
  • 更年期の症状
  • 更年期の対策
  • エクオールについて
  • 更年期に関する調査
  • セミナーのご案内
  • 更年期セルフチェック
  • 更年期お役立ちニュース
  • 更年期のご相談
  • 専門医のご相談
  • お問い合わせ

ページTOPへ