ホットフラッシュ
(ほてり)

ホットフラッシュ(ほてり)について

【症状の概要】

閉経前から多くなり、女性の6割程度が経験するといわれ、そのうち日常生活に支障を来すほど重症になるのは1割程度と考えられています。

症状としては、2~4分間持続する熱感と発汗を自覚し、脈拍が増加します。

ほてりや発汗は顔面から始まり頭部・胸部に広がります。

顔面のほてりや発汗のみの場合もあります。

  • 突然身体がカーっと熱くなる
  • 急に顔が紅潮する
  • ドキドキが止まらない
  • 涼しいのに、汗が止まらない

なぜ症状が起こるのか

エストロゲンの減少によって、血管の収縮や拡張をコントロールしている自律神経が乱れることによって起こります。

ホルモン以外の原因としては、暖かい部屋でのドライヤーの使用などが誘引(トリガー)となることもあります。

簡単にできる対処法

通気性の良い衣類を着るようにし、涼しい部屋で休みましょう。

また、ストレスや辛いものなどの刺激物も避けましょう。自覚した時には、深い腹式呼吸を行い、リラックスし、ウェットティッシュなどで首筋を冷やすとよいです。

監修:野崎ウイメンズクリニック
野崎雅裕先生

更年期を乗り越えるために

生活習慣見直しから、医療機関まで様々な対策があります

食生活でケア

まずは食生活を見直すことから始めてみましょう

詳しく見る

運動でケア

運動習慣を改善することで症状の体感が変わることもあります

詳しく見る

サプリメント・市販の医薬品でケア

普段の食事で補えない更年期に必要な成分をサプリメントで摂る方法があります

詳しく見る

医療機関でケア

HRT(ホルモン補充療法)漢方薬、抗不安剤など医療機関の受診や医薬品での解決方法もあります

詳しく見る

PICK UP

減少していく女性ホルモン(エストロゲン)と似た動きをする「エクオール」ご存知ですか?

大豆イソフラボンが腸内細菌と出会うことで体内で生まれる「エクオール」1日10mgの摂取で更年期症状に対して高い有用性があると言われています。

詳しく見る

その他の症状

精神神経系症状

血管運動神経系症状

皮膚・分泌系症状

消化器系症状

運動器官系症状

泌尿器・生殖器系症状

ページTOPへ