イライラ
の原因・症状と対策方法

イライラ症状ついて

【症状の概要】

更年期になると、以前は気にしなかったことやちょっとしたことにイライラしたり、怒りやすくなるなど、感情のコントロールが難しくなることがあります。

  • 前は気にならなかったことに急にイラッとする
  • 突然焦燥感にかられる
  • ささいな出来事に腹が立つ
  • 気が付くと顔がこわばっている

イライラ起こる原因

セロトニンは、神経伝達物質の1つでストレスホルモンと言われるノルアドレナリンをコントロールし、精神を落ち着かせ、「幸せホルモン」とも呼ばれています。
セロトニンの生成に関わる女性ホルモン(エストロゲン)の減少により、セロトニンが不足し、感情がコントロールできずにイライラするようになります。また、社会や家庭での様々なストレスにより、自律神経のバランスが崩れることも要因となります。

簡単できる対処法

ストレスを避け、リラックス

気持ちを安定させる効果のあるカルシウムや、ストレスにより消費されるビタミンCを摂りましょう。セロトニンの分泌をよくするために朝日を浴びることもおすすめです。アロマセラピーでリラックスすることも効果的です。

監修:
野崎ウイメンズ
クリニック
野崎 雅裕 先生

その症状、更年期かもしれませんよ?

女性ホルモン似た働きする
「エクオール」

減少していく女性ホルモン(エストロゲン)と似た動きをする「エクオール」をご存知ですか?

エクオールの効果はこちら

更年期症状にあてはまる不調には、別の病気が潜んでいる場合もあります。 気になる症状があれば、婦人科を含めた医療機関への受診をお勧めします。 かかりつけ婦人医・薬剤師をつくり、日常のふとした不調も気軽に相談しましょう。