更年期の原因

月経の仕組み

更年期の変化を理解するためには、月経のメカニズムと2つの女性ホルモンの関わりに関する知識が必要です。

卵巣からはエストロゲンとプロゲステロンが分泌されます。
エストロゲンの働きで、子宮内膜が厚くなり受精卵の着床準備をします。子宮内膜が厚くなると脳下垂体からFSH(卵胞刺激ホルモン)やLHという性腺刺激ホルモンが急激に放出されます。
排卵直前にはLHが通常の数倍のピークをつくることにより、排卵がおこります。排卵後の卵胞は黄体となりプロゲステロンが分泌され、受精卵の着床のための環境をつくります。
着床しなかった場合、黄体は萎縮し、子宮内膜は剥がれ落ちます。これが月経です。

月経の仕組みについて学びましょう

女性ホルモン減少で脳が混乱自律神経も乱れやすくなります

更年期を迎えると卵巣機能は低下する為、若い時と同様にエストロゲンを分泌できなくなります。
そのことによってホルモンバランスが保てなくなり、起きる体の症状が更年期症状です。

女性ホルモンは、脳の視床下部からの司令により卵巣から分泌されます。視床下部はさまざまなホルモンの分泌をコントロールするとともに、体温調節や呼吸、消化機能の調節、精神活動などを司る自律神経のコントロールセンター。ところが、卵巣の機能が衰えると、脳がいくら「ホルモンを出せ」と指令を出しても分泌されません。すると、脳がパニックを起こして通常の何倍もの指令を出すために、異常な発汗、イライラ、めまいなどの症状があらわれるのです。

その他の更年期とは

  • 女性の一生と更年期
  • 閉経について
  • 更年期の体の変化
  • 多様な更年期症状
  • 更年期付近から注意したい病気
  • 更年期の体験談
  • 更年期あるある
  • 女性の健康応援キャンペーン クイズの正解者から抽選で合計1500名様にエクオール検査キット「ソイチェック」などプレゼント
  • 更年期とは?
  • 更年期の症状
  • 更年期の対策
  • エクオールについて
  • 更年期に関する調査
  • セミナーのご案内
  • 更年期セルフチェック
  • 更年期お役立ちニュース
  • 更年期のご相談
  • 専門医のご相談
  • お問い合わせ

ページTOPへ