月経異常

月経異常(生理不順)について

【症状の概要】

月経異常(生理不順)とは、「正常な月経の範囲外にある状態」をいいます。

一般的に正常の月経周期は25~38日、持続日数は3~7日、月経時の血液量の正常な範囲は20~140mlと言われています。
月経異常(生理不順)は、周期がバラバラだったり、月経期間が短かったり長かったりと、悩みのタイプはさまざまです。

  • 【頻発月経】前回の月経から24日以内に次の月経が始まる性周期
  • 【稀発月経】39日以上たっても次の月経が始まらない状態
  • 【無月経】3ヵ月以上月経がない状態

また、閉経の前にも月経不順になります。最終月経から1年以上月経がこなくなった状態を閉経といいます。

  • 月経サイクルの異常
  • 月経期間
  • 月経量の異常
  • 月経に伴う不快症状

なぜ症状が起こるのか

精神的・身体的なストレスが原因でホルモンバランスが崩れ月経異常(生理不順)を起すこともあります。ダイエットや無理な食事制限が原因にもなりますので、若い世代は特に注意が必要です。
また、子宮筋腫や子宮内膜症等の疾患が原因で起こる事もあります。

簡単にできる対処法

まずは婦人科で検査を受けましょう。

日頃つけている基礎体温が診断の基準になるので、日頃から基礎体温をつける事が大切です。

他、軽い運動を行い、ストレスを溜めないようにしましょう。

また、体を冷やさない事も重要です。

ゆっくり湯船につかるなどしてリラックスタイムをつくることをおすすめします。

監修:野崎ウイメンズクリニック
野崎雅裕先生

更年期を乗り越えるために

生活習慣見直しから、医療機関まで様々な対策があります

食生活でケア

まずは食生活を見直すことから始めてみましょう

詳しく見る

運動でケア

運動習慣を改善することで症状の体感が変わることもあります

詳しく見る

サプリメント・市販の医薬品でケア

普段の食事で補えない更年期に必要な成分をサプリメントで摂る方法があります

詳しく見る

医療機関でケア

HRT(ホルモン補充療法)漢方薬、抗不安剤など医療機関の受診や医薬品での解決方法もあります

詳しく見る

PICK UP

減少していく女性ホルモン(エストロゲン)と似た動きをする「エクオール」ご存知ですか?

大豆イソフラボンが腸内細菌と出会うことで体内で生まれる「エクオール」1日10mgの摂取で更年期症状に対して高い有用性があると言われています。

詳しく見る

ページTOPへ