手指の痛み・
しびれ・変形③

手指の痛み・しびれ・変形③
「手根管症候群」について

【症状の概要】

「手根管」とは、手首の手のひら側にある骨と靭帯に囲まれた伸び縮みのできないトンネル状の器官で、9つの「腱」と「正中神経」が通っています。
腱や腱鞘が炎症を起こして腫れることで、正中神経を圧迫するため、親指から薬指の親指側半分までのどこかに、しびれ・痛みが生じます。
発症初期の頃、しびれ・痛みは明け方に強く現れます。指を下にして手を振ることで、症状が楽になります。
進行すると、筋肉に達している神経が痛み、親指の付け根の筋肉(母指球筋)が痩せてくるため、細かい作業がしにくくなったり、親指と人差し指でマル(OKサイン)がつくりにくくなったりします。
手指の痺れは、脳卒中、糖尿病、首の病気でも生じます。生命に関わる病気の可能性もあるため、専門医に診断してもらいましょう。

  • 小指以外の指がジンジンしびれる、感覚がない
  • 夜中や明け方に痛み、しびれが強くなり手を振ると緩和される
  • 進行すると親指の付け根の筋肉が痩せ細かい物がつかみづらくなる
  • シビレは生命に関わる原因疾患の可能性もあるので自分で判断しないこと

なぜ症状が起こるのか

現時点では原因は不明ですが、発症が更年期や妊娠時、産後授乳期の女性に多く、血液中の女性ホルモンの変動(とくに減少)により、手根管の中で腫れた腱が正中神経を圧迫するのも原因のひとつと考えられています。
手首の骨折経験や、手を使う重労働、透析が原因で発症することもあります。

対処法・治療法

様々な対策方法があります

対処療法として、腫れ・痛み・しびれのある部位の安静と固定(装具)や投薬(消炎鎮痛剤やビタミンB12、神経障害性疼痛治療薬、局所麻酔剤入りステロイド注射)があります。また、女性ホルモンに似た働きを持つエクオール含有のサプリメントの摂取も、初期の症状の緩和に役立つという報告もあり、期待されています。
上記の方法で改善が見られず症状が悪化したり、母指球筋が痩せてしまったり、しこりのある場合には、手術的に手根管を開放し、正中神経への圧迫を取り除くこともあります。

監修:四谷メディカルキューブ
平瀬雄一先生

更年期を乗り越えるために

生活習慣見直しから、医療機関まで様々な対策があります

食生活でケア

まずは食生活を見直すことから始めてみましょう

詳しく見る

運動でケア

運動習慣を改善することで症状の体感が変わることもあります

詳しく見る

サプリメント・市販の医薬品でケア

普段の食事で補えない更年期に必要な成分をサプリメントで摂る方法があります

詳しく見る

医療機関でケア

HRT(ホルモン補充療法)漢方薬、抗不安剤など医療機関の受診や医薬品での解決方法もあります

詳しく見る

PICK UP

減少していく女性ホルモン(エストロゲン)と似た動きをする「エクオール」ご存知ですか?

大豆イソフラボンが腸内細菌と出会うことで体内で生まれる「エクオール」1日10mgの摂取で更年期症状に対して高い有用性があると言われています。

詳しく見る

ページTOPへ